• 昭和6年

    三菱造船所の工事請負として佐藤組を創立
  • 18年

    株式会社丸金佐藤造船鉄工所設立
  • 26年

    産業用ボイラチューブ加工工事開始
  • 30年

    舶用及び発電所用ボイラチューブ加工及び同部品の製作加工を開始
  • 34年

    船台埋立で製缶工場、チューブ工場の充実
  • 40年

    通商産業省 電気事業法施行規則50条認可
  • 47年

    労働省 第一種圧力容器製造認可
  • 48年

    毛井首工場を開設 上部構造物&煙突製作
  • 55年

    毛井首工場の大型構造物工場を増設(天井クレーン 100ton)
  • 56年

    NK船級認可 ボイラ / 第一種圧力容器製造認可
  • 60年

    舶用補助ボイラ専門工場として製作開始
  • 63年

    DNV船級 Welded pressure Vessel. Class I. Class II 製造認可

     

    労働省 ボイラ製造認可
  • 平成元年

    三菱重工との提携によるボイラ設計、製作、販売を開始

     

    LRS船級 Class I. Fusion Welding 製造認可
  • 6年

    ISO 9001 認証取得(排ガスボイラ / 圧力容器)
  • 9年

    ISO 9001 認証範囲拡大(ボイラ全般)

     

    ISO 9002 認証取得(風車 / 遠心ファン)
  • 15年

    ISO 9001 2000年版移行(ボイラ / 鋼構造物他)
  • 16年

    電気事業法 「民間製品認証規格」取得
  • 21年

    「検査ガイド」による電気事業法適用開始
  • 26年

    CCS船級認可 / CEマーキング適合(PED:圧力機器指令)認可